電力中央研究所 RECRUITING

OFFICIAL WEBSITE ENTRY

募集研究分野

求人一覧に戻る

正職員

スマートグリッド用通信向けのネットワーク仮想化技術の開発

システム技術研究所

研究内容/求める人材像

電力をこれまで以上に安定かつ効率的に供給するためのシステムであるスマートグリッドでは,情報通信ネットワークの活用が欠かせません。スマートグリッドで活用される情報通信ネットワークにおいて,リアルタイムの制御が要求される電力流通インフラを支えるためには,高信頼性と安定した伝送性能(低遅延・低遅延揺らぎなど)の確保と,低コスト化や製品の長期安定供給確保といった,相反する要件を両立できるようにする必要があります。現在普及しているインターネットで利用されている技術(IP系技術)は,低コスト化への寄与が期待できる一方,遅延時間や遅延時間変動が大きくなりやすい傾向があります。また,高信頼性を確保するための技術がいくつか存在しますが,それらを適切に利用しなければ,伝送性能やコストに悪影響を及ぼします。さらには,通信機器の保守・設定や通信経路管理に多大な労力を要するという運用上の問題もあります。
このため,これらの諸課題を合理的に解決するアプローチの一つとして,ネットワーク仮想化技術に着目し,これを電力保安用通信に適用することを検討しています。例えば,現在のネットワーク仮想化技術では,経路等を管理するコントローラを冗長化させる際に,同一建物内など近い位置に配置する必要があります。一方で,電力保安用通信では,広域災害時でも通信路を確保するために,バックアップ拠点を地理的に離れた位置に設置する必要がありますが,上記のように現在のネットワーク仮想化技術では対応できません。
このように,当研究所では,ネットワーク仮想化技術に加え,情報通信ネットワークに関連する幅広いテーマについて研究し,スマートグリッドを支える情報通信ネットワークの構築に貢献できる研究者を求めています。

当面の研究課題

電力保安用通信への適用を目指したネットワーク仮想化技術に関する研究

研究専門分野/専攻学科

通信工学,情報工学,計算機工学,システム工学など

学歴

修士または博士課程修了者(新卒・キャリアいずれも可)

募集部門

システム技術研究所

ENTRY