電力中央研究所 RECRUITING

OFFICIAL WEBSITE ENTRY

募集研究分野

求人一覧に戻る

正職員

スマートグリッドや先進設備保守のための無線通信評価技術に関する研究

システム技術研究所

研究内容/求める人材像

電気事業では,太陽光発電などの分散型電源大量導入環境下においても電力系統を効率的かつ安定的に運用するためのスマートグリッドや,高度経済成長期における電力需要に応じて多数導入され高経年化した電力機器など,様々な設備を適切に保守・運用するための先進設備保守技術の開発が急務となっています。これらの実現には,広く面的に構築されている電力機器の状態を適切に把握する必要があり,そのための通信ネットワークも効率的に構築しなければならず,無線通信技術の活用が期待されます。
電気事業におけるフィールドは,電波が反射・散乱する金属構造物が多く存在する発変電所や,電波が遮蔽されやすい山間地にある送電線周辺など,多種多様な環境となります。さらに,近年,LPWA(Low Power Wide Area)を始めとした新たな無線通信システムが数多く開発されており,適材適所に電気事業へ適用する方策を検討しなければなりません。従って,適用フィールドおよびセンシングや制御といったアプリケーションに応じた無線通信システムのパラメータ設計,置局設計などを効率的に実施する必要があります。このためには,電波伝搬やネットワークに関する計算機シミュレーション技術を活用した,無線通信システムの特性評価が重要となります。
当研究所では,無線通信システムの特性評価を通じ,ICTを活用したアプリケーションの導入を支え,将来の電気事業における通信技術の確立に貢献できる研究者を求めています。

当面の研究課題

電力フィールドを想定した電波伝搬やネットワークシミュレーションに関する研究

研究専門分野/専攻学科

通信工学(特に無線通信やその応用)に関連する学科など

学歴

修士または博士課程修了者(新卒・キャリアいずれも可)

募集部門

システム技術研究所

ENTRY