電力中央研究所 RECRUITING

OFFICIAL WEBSITE ENTRY

募集研究分野

求人一覧に戻る

正職員

活断層の挙動予測・地震ハザードの定量評価

地球工学研究所

研究内容/求める人材像

 将来にわたって持続可能な社会を作るためには,安全,環境,経済の3つの柱をバランスよく保つ必要があります。電源構成についていえば,原子力,火力,水力などの既存電源を安全かつ効率的に活用しながら,いかに再生可能エネルギーへの転換を図っていくかが鍵となります。そのためには,自然災害などによる電力施設へのリスクを定量化し,安全性向上に寄与する対策を効果的に講じることが重要です。

 当所では,地震動や断層変位などの地震ハザードによる電力施設への影響を評価し,そのリスクを低減するために,活断層の研究に取り組んでいます。地形・地質調査,反射法地震探査,地震波トモグラフィ解析など,地表と地下の両面からの活断層調査に加え,断層運動を模擬した岩石・砂箱実験などを実施して,断層の活動性や破壊挙動を定量的かつ統合的に評価しようとしています。

 本公募では,地球物理学的観測とそのデータ解析に基づいて,活断層の挙動予測・地震ハザードの定量評価に取り組んで頂ける方を募集します。また,防災・減災のみならず,地熱発電,地下空間の利用とそのアセスメントなどの課題についても,地球物理学的な視点から意欲的に取り組んで頂ける方を歓迎します。

当面の研究課題

活断層の震源断層評価手法の合理化

研究専門分野/専攻学科

数物系科学、地球惑星科学

学歴

修士または博士課程修了者(新卒・キャリアいずれも可)

募集部門

地球工学研究所

ENTRY