電力中央研究所 RECRUITING

OFFICIAL WEBSITE ENTRY

募集研究分野

求人一覧に戻る

正職員

気象災害に対する電力設備の強靭化と早期復旧に向けた研究

地球工学研究所

研究内容/求める人材像

 近年多発する気象災害では、電力設備をはじめとする様々なインフラが甚大な被害を受け、多くの人々の生活に多大な支障を及ぼすことがあります。災害の影響を最小限に抑える上で、合理的な設備構築・対策を行うことや、被害程度を事前に正確に予測することは非常に重要となります。
 そのため、当所では気象観測や数値流体シミュレーション、風洞実験等を駆使して、現存する膨大な電力設備に対して効果的な対策や設計方法の見直しを行うとともに、過去の気象災害による電力設備の被害状況を分析することで被害予測精度の向上に取り組んでいます。また、近年では計算機能力・通信速度の向上、センサの小型化・高精度化によってこれらのデータは大容量化しているため、ビッグデータとして分析・評価することで設計方法や被害予測手法の飛躍的な向上が期待されます。
 そこで、当所では、気象観測・数値流体シミュレーション・風洞実験等の研究を行いながら、AI等も用いた高度な分析により、インフラ設備の強靭化・被害予測技術のブレークスルーを目指すことが出来る人材を募集します。

当面の研究課題

①配電設備の設計合理化手法の開発
②気象災害に対する電力設備の被害予測技術の構築

研究専門分野/専攻学科

流体力学・構造工学・建築学・土木工学

学歴

修士または博士課程修了者(新卒・キャリアいずれも可)

募集部門

地球工学研究所

ENTRY