電力中央研究所 RECRUITING

OFFICIAL WEBSITE ENTRY

募集研究分野

求人一覧に戻る

正職員

原子力分野における環境リスク評価手法の研究開発

環境科学研究所

研究内容/求める人材像

近年、環境問題への対応においては、リスク評価に基づいた意思決定が重視されてきています。リスク評価には不確実性をともなうことから、確率論的アプローチによる評価が有効であると考えられています。原子力分野においても、安全性の向上に向けて、環境面における確率論的リスク評価(レベル3PRA)技術の構築が急務となっています。

当研究所では、原子力発電所事故時の放射性物質の環境中での移行・拡散、被ばく量の計算、防護措置に係る数値モデルの構築、および、確率論的リスク評価手法の確立を目指して研究を行っています。レベル3PRAでは、事故時の現象面の理解だけでなく、社会的な観点も含んだリスク全体を俯瞰することが重要となります。このため、環境科学や計算科学の基礎知識をベースとし、幅広い知識を積極的に吸収して、総合的な視点から環境対策に取り組む専門家を志す人材を募集します。

当面の研究課題

確率論的リスク評価手法の構築

研究専門分野/専攻学科

環境科学、リスク評価、原子力工学、社会工学など

学歴

修士または博士課程修了者(新卒・キャリアいずれも可)

募集部門

環境科学研究所

ENTRY