電力中央研究所 RECRUITING

OFFICIAL WEBSITE ENTRY

募集研究分野

求人一覧に戻る

正職員

電力施設の地震安全性評価

地球工学研究所

研究内容/求める人材像

東日本大震災以降、電力施設には高い耐震性が要求されており、当研究所では耐震安全性の向上を目指した研究を行っています。この研究を推進するために、世界最高性能の加速度20Gで振動実験が可能な共振振動台を導入し、構造物や機器の振動実験を行うことで、耐震性評価技術の高度化を進めています。また、当研究所では、世界最大規模の免震要素の破断試験や、Eディフェンスを使った大型の免震システムの振動実験を行ってきており、終局挙動までのデータを蓄積することで、免震構造の設計技術を高度化してきました。
一方、耐震性評価に使用する数値解析法については、大規模数値解析や、亀裂進展解析などを導入して、極限までの挙動を合理的に評価できる手法の開発を進めています。これらの実験・解析技術を用いて、電力施設のフラジリティ評価法の高度化を推進していきます。さらに、電力構造物の状態を把握し、地震による損傷などを評価できるように、高密度地震観測による高精細モード同定技術の開発を行っています。
これらの研究を推進するために、構造力学、耐震工学、数値解析、構造同定などの研究に興味があり、新たな研究開発に積極的に取り組んでいただける方を募集します。

当面の研究課題

電力設備の地震フラジリティ評価研究

研究専門分野/専攻学科

構造力学、耐震工学、数値解析、構造同定、建築学

学歴

修士または博士課程修了者(新卒・キャリアいずれも可)

募集部門

地球工学研究所

ENTRY