電力中央研究所 RECRUITING

OFFICIAL WEBSITE ENTRY

募集研究分野

求人一覧に戻る

正職員

太陽光・風力など再生可能エネルギー予測に関する研究開発

環境科学研究所

研究内容/求める人材像

太陽光発電や風力発電等の再生可能エネルギー(再エネ)導入の拡大に伴い,電力各社では需給計画の策定や需給バランス調整への対応の一環として,再エネ出力予測の利用を拡大させています.一方,予測誤差の低減には限界もあるため,安定供給と効率的な運用の両立が求められる電力系統運用の現場では,確率的な気象予測の利用も想定されるようになってきました.また,天候に影響を受ける電力需要や,再エネ等の小型分散電源とともに電気自動車や蓄電池を効果的に運用するバーチャルパワープラント(VPP)やヒートポンプなどのデマンドレスポンス(DR)に対応した次世代送配電系統など,気象情報の活用は不可欠になります.さらに気象情報は,地球温暖化などの環境影響評価や極端気象に対する防災など,電力事業にとっての重要性はますます高まります.

このような背景の元,再エネ出力予測の精度向上や,再エネ等予測情報の効果的な活用法の提案など,電力と気象の橋渡しとなる研究開発に取り組むことができる人を募集いたします.統計的・力学的気象予測手法,気象データの大規模解析などの知識・経験がある方,もしくは,ビッグデータ活用のための数理的アプローチ(機械学習や深層学習など)を広く問題解決に活用できる方も,候補と考えております.今後の電力事業や社会における気象予測情報の在り方を広くとらえ,主体的に研究課題を見いだす素養とチャレンジ精神も,重視いたします.

当面の研究課題

再生可能エネルギー出力予測手法の開発や高精度化,及び予測情報の活用法に関する研究開発

研究専門分野/専攻学科

数理統計学,気象学,電力工学,計算科学などいずれか専門分野の方

学歴

修士または博士課程修了者(新卒・既卒いずれも可)

募集部門

環境科学研究所

ENTRY