電力中央研究所 RECRUITING

OFFICIAL WEBSITE ENTRY

募集研究分野

求人一覧に戻る

正職員

循環型社会構築に向けた需給調整形電源・電気化学デバイスの研究開発

エネルギー技術研究所

研究内容/求める人材像

将来に向けて再生可能エネルギーの導入拡大が進められていますが、太陽光や風力発電は天候による影響を受けやすく変動が大きいことから、電力系統安定のための需給調整や電力貯蔵システムが必要となります。燃料電池、特に高温作動の固体酸化物形燃料電池(SOFC)は発電効率が高く、また高温で水蒸気電解 (SOEC)もできることから、我々は高効率発電と系統対策を両立できる需給調整形電源・電気化学デバイスとして2030~2050年頃の活用を目指しています。具体的には高効率な需給調整形電源として、再生可能エネルギーからの電力供給が少ない時にはSOFC発電し、電力供給が過剰の際にはSOECとして水素や付加価値の高いメタンなどを合成・製造できる電気化学デバイスの技術開発をすすめています。
本研究テーマでは、電気化学や化学工学の素養を有し、循環型社会の構築に向けた新たな需給調整形電源・電気化学デバイスについて、意欲的に研究開発に取り組む人材を募集します。

当面の研究課題

・需給調整形電源・電気化学デバイスに係わる研究開発
・燃料電池の性能・耐久性評価に係わる技術開発

研究専門分野/専攻学科

電気化学、化学工学、材料科学などの専門分野を専攻している方

学歴

修士課程修了者(新卒のみ)

募集部門

エネルギー技術研究所

ENTRY