電力中央研究所 RECRUITING

OFFICIAL WEBSITE ENTRY

募集研究分野

求人一覧に戻る

正職員

地中構造物の健全性・耐震性評価技術

地球工学研究所

研究内容/求める人材像

地中送電線のための管路・洞道、送電用鉄塔基礎、水力発電所の導水路トンネルなど、高度成長期に建設された多くの地中構造物が老朽化しつつあります。また、設計では想定されていない大規模地震や豪雨をはじめとする自然災害や経年劣化に伴う各種トラブルも多く報告されています。これらの構造物は地中に埋設されていることから、一般的な巡視等を行うだけでは劣化状態を確認・診断することが困難です。さらに、数も多く立地も多種多様であるため、設備の特徴に応じた健全性評価ならびに適切な補修・補強技術の確立が望まれています。加えて、東北地方太平洋沖地震や熊本地震を契機に、終局限界状態や断層変位などを考慮した合理的な耐震設計法の確立も必要とされています。
当研究所では、地中構造物である、鉄塔基礎や管路・洞道などの状態評価、管路内部の点検・補修技術、人孔・開削洞道など各設備の地震被害分析やその耐震性評価など、多岐にわたる維持管理等に関わる検討を進めています。
これらの研究を推進する一員として、主として地中送電線や鉄塔基礎などの地中構造物を対象に、各種トラブル原因の究明・対策・設計法構築に携わる研究員を募集します。
コンクリート構造や鋼構造を問わず、地中構造物の構造設計・耐震設計、構造解析に関する経験や知識を有している方で、地質や地盤の専門家と協同しながら、熱意をもって柔軟に研究に取り組める方を歓迎します。

当面の研究課題

鉄塔基礎や地中送電線の維持管理、地震応答解析

研究専門分野/専攻学科

土木工学、建築工学

学歴

修士課程修了者(新卒のみ)

募集部門

地球工学研究所

ENTRY