電力中央研究所 RECRUITING

OFFICIAL WEBSITE ENTRY

募集研究分野

求人一覧に戻る

正職員

地質学的手法による巨大噴火の影響評価技術の開発

地球工学研究所

研究内容/求める人材像

当研究所では、多様な火山噴火現象を解明し、自然災害による電力設備への影響を評価するために、地球科学に関連する諸分野が協力して研究を行っています。
このうち、巨大噴火により発生し広域的に流動・定置する火砕流については、重要構造物への直接的・間接的影響を評価するために、新規の技術開発を進めています。
火砕流堆積物の定置状況を観察し、火砕流が定置した時の物理条件(温度・堆積時間・冷却速度等)を実証的に解明するために、火山学に関する以下の知識・経験と意欲がある研究者を募集します。
(1)大学等で火山学の基本的な知識を習得し、野外地質調査に基づく研究経験があり、物理計測・機器化学分析に関する基礎的実力がある研究者。
(2)当所の研究者が実施する、噴火前マグマ溜まり条件の定量化や、噴煙・火砕流の数値解析技術開発と連携し、革新的な評価技術開発に積極的に取り組む意欲がある研究者。
また、入所後は、発電所等の重要構造物に係わる地質調査を積極的に行い、火山学の専門知識を応用して、社会への貢献を意識した研究を実施できる研究者を歓迎いたします。

当面の研究課題

大規模火砕流噴火の解明と予測に関する研究

研究専門分野/専攻学科

地質学(火山学)、岩石学、地球物理学

学歴

博士課程修了者(キャリアのみ)

募集部門

地球工学研究所

ENTRY