電力中央研究所 RECRUITING

OFFICIAL WEBSITE ENTRY

募集研究分野

求人一覧に戻る

正職員

生産プロセスのエネルギー計測・分析・解析・評価技術の開発

エネルギーイノベーション創発センター

研究内容/求める人材像
 地球環境保全、エネルギーセキュリティ確保、経済成長、利便性・安全性・快適性向上を達成するには、「低炭素電源×電化×省エネ」の推進が不可欠です。
 ヒートポンプは、「電化」と「省エネ」を同時に達成する主要な技術の一つとして国内外で大きな注目を集めており、住宅・ビル等の冷暖房・給湯・冷凍冷蔵・除加湿や、工場の冷却・加温・乾燥・滅菌・蒸留などの生産プロセスに利用されています。ただし、電力という質の高いエネルギーを使って低温環境から高温環境へ熱を汲み上げる(熱の流れる向きを本来とは逆にする)技術であることから、低温環境の温度(採熱・冷却温度)が低いほど、高温環境の温度(加熱・放熱温度)が高いほど性能が低下します。そのため、低温外気から採熱する寒冷な地域への普及や加熱温度の高い生産プロセスへの普及が十分ではありません。
 特に後者については、各種工場の多種多様な生産プロセスにおける熱負荷(温水・熱風・蒸気等等の流量と温度)、それらの熱を供給する機器・システムのエネルギー消費量とエネルギー効率が十分明らかになっているとは言えず、各プロセスに適したヒートポンプのスペックを定めにくいという課題にも直面しています。
 これらの課題を解決するため、本件で採用する研究員には、様々な生産プロセスの熱負荷を高精度かつ安価に計測・分析する技術、ならびに、機器・システムのエネルギー消費量とエネルギー効率を高精度かつ迅速に解析・評価する技術の開発に携わっていただきます。
 当研究所は、プラントシステムや熱エネルギー利用等に関する基本的な知見と経験を有し、生産プロセスの計測・分析・解析・評価に地道に取り組み、かつ、新しい技術の考案と適用にも積極的にチャレンジすることができる人材を求めています。
当面の研究課題
①生産プロセスの熱負荷等の計測・分析技術の開発
②機器・システムのエネルギー効率等の解析・評価技術の開発
研究専門分野/専攻学科
プラントシステム・熱エネルギー利用・伝熱流動/生産プロセスを対象としたエネルギーの計測・分析・解析・評価に関連する学科
学歴
修士または博士課程修了者(新卒のみ)
募集部門
エネルギーイノベーション創発センター
ENTRY