電力中央研究所 RECRUITING

OFFICIAL WEBSITE ENTRY

募集研究分野

求人一覧に戻る

正職員

リチウムイオン電池評価技術の研究開発

材料科学研究所

研究内容/求める人材像
 地球規模の大幅なCO2削減の達成するため、再生可能エネルギーの積極的な活用が期待されています。しかし、太陽光・風力発電などの自然エネルギー発電は、出力の変動が大きいため、これを安定に活用する技術として、リチウムイオン電池をはじめとする蓄電池による電力供給安定化が近年注目されています。
 リチウムイオン電池は既に、スマートフォンや電気自動車の電源として普及が始まっていますが、電力の安定化用途に使う場合には、使い方や規模が大きく異なります。また、大規模な蓄電池を普及させるにあたっては、電池の安全性なども確認する必要があります。私達は、電力用途への適用を目指したリチウムイオン電池の評価試験を20年以上行っており、国内屈指の評価設備とノウハウを蓄積しながら、独自の評価手法の構築を進めています。
 当研究所では、この研究を更に推進するため、電力用途の本格運用を想定したリチウムイオン電池の非破壊評価に従事する人材を募集します。具体的には、電力流通分野、住宅用途等で活用されるリチウムイオン電池の運用時の挙動を非破壊解析し、運用寿命・安全性の評価を行うとともに、電池材料解析とも連携しながら寿命延伸法の提案等の研究に従事して頂きます。電気事業がこれから直面する再生可能エネルギーの安定供給を担う、蓄電池の目利き役となる人材となることを期待しています。募集対象の方は、現在電池を研究対象としている方に限りません。広く科学 に興味を持ち、エネルギー関連の課題解決にチャレンジできる方の積極的な応募を期待します。
当面の研究課題
リチウムイオン電池を中心とした電池非破壊評価に関する研究開発
研究専門分野/専攻学科
電気化学、応用化学、電気工学などに関連する分野のいずれかを専攻(従事)している方
学歴
修士または博士課程修了者(新卒・既卒いずれも可)
募集部門
材料科学研究所
ENTRY