電力中央研究所 RECRUITING

OFFICIAL WEBSITE ENTRY

募集研究分野

求人一覧に戻る

正職員

二次電池材料評価技術の研究開発

材料科学研究所

研究内容/求める人材像
 リチウムイオン電池をはじめとする各種二次電池は、様々な新規材料が提案・開発され、日々進化し続けています。低炭素社会を目指して再生可能エネルギーを有効に利用するためには、二次電池を使って不安定な自然エネルギー発電を安定化することが重要です。電力、エネルギーインフラ等の様々なサービスでリチウムイオン電池を活用するには、これまで使われているモバイル用途、電気自動車用途に比べて耐久性があり、環境負荷が小さく、安全な材料が求められています。当研究所ではこれまでに、電池運転時の熱挙動の高感度解析技術、放射光を活用した材料解析技術、充放電容量の精密測定技術等の評価技術開発を進めてきました。これらの解析技術は、積極的に学会等で発表しており、電池メーカーや材料メーカーとは異なるアプローチの高感度解析手法として国内外の学術分野、産業界等から注目されています。
 当研究所では、現在実用化されているリチウムイオン電池、並びに次世代二次電池材料の評価に関する研究開発に従事する人材を新たに募集します。具体的には、各電池材料の運用に伴う劣化について、電池容量の推移を外部から解析する手法(非破壊解析)に加え、各種分析技術を適用してその要因解明を進めるとともに、材料解析方法の新たな構築に関わる研究開発に従事して頂きます。また、逐次進化・提案される新規材料の中から、実用化の視点にたった材料設計・選択を進める研究開発にも従事して頂きます。募集対象の方は、現在電池を研究対象としている方に限りません。広く化学に興味を持ち、エネルギー関連の課題解決にチャレンジできる方の積極的な応募を期待します。
当面の研究課題
各種二次電池材料の評価技術に関する研究開発
研究専門分野/専攻学科
電気化学、応用化学、材料化学のいずれかの関連分野を専攻(従事)している方
学歴
修士または博士課程修了者(新卒・既卒いずれも可)
募集部門
材料科学研究所
ENTRY