電力中央研究所 RECRUITING

OFFICIAL WEBSITE ENTRY

募集研究分野

求人一覧に戻る

正職員

ナノ組織分析に基づく構造材料の損傷評価に関する研究

材料科学研究所

研究内容/求める人材像
当研究所では従来から原子力および火力発電プラントの構造材料を対象に損傷メカニズムの解明および構造材料の健全性評価に関する研究を展開しており、原子炉圧力容器の照射脆化予測法や高クロム鋼の寿命評価式の開発と規格化に貢献してきました。また、近年では原子炉廃止措置プラントの廃却材を活用した研究にも着手し、実機使用条件下での材料損傷の把握と損傷メカニズムに基づく評価精度の向上に取り組んでおります。これらの取り組みの中で大きな役割を果たすのが材料の分析評価技術であり、当研究所ではアトムプローブや収差補正型透過電子顕微鏡といった最新鋭のナノ組織分析装置を整備し、これらの組み合わせ活用により特徴のある研究を行っております。一方でナノ組織分析技術の進歩は目覚ましく、学会や業界など最新の技術開発動向を注視するとともに積極的な技術導入あるいは自主開発を進めて行く必要があります。そこで、ナノ組織分析技術に高い関心を持ち、構造材料の損傷評価に関する研究に熱意を持って取り組んでいただける研究員を募集します。当研究所には国内のみならず世界的に見ても最先端でユニークな分析装置群が揃っており、これらの設備と分析評価技術を課題解決の手段として捉え適切に選択・活用し発展させていただける方を歓迎いたします。
当面の研究課題
軽水炉圧力容器鋼や炉内構造物のナノ組織分析研究
研究専門分野/専攻学科
材料工学、原子力工学、金属工学、計測工学、応用物理学など
学歴
修士または博士課程修了者(新卒・既卒いずれも可)
募集部門
材料科学研究所
ENTRY