電力中央研究所 RECRUITING

OFFICIAL WEBSITE ENTRY

募集研究分野

求人一覧に戻る

正職員

循環型社会の構築に向けた次世代環境対策技術の開発

エネルギー技術研究所

研究内容/求める人材像
 現在、日本では、火力発電中心の電源構成となっています。このため、当研究所では、火力発電所の環境対策に関する研究開発に取り組んでいます。一方、欧州では、再生可能エネルギーの利用に向けた研究開発が積極的に行われており、将来的には、日本においても再生可能エネルギーを最大限活用した循環型社会の構築に向けた研究開発が必要と考えています。
 循環型社会の構築においては、これまでにない、新たな環境対策技術が必要です。例えば、再生可能エネルギー由来の水素を燃料として利用する場合の環境対策、バイオマスや廃棄物等の未利用資源を使用する場合の環境対策、各種資源を循環利用する場合の環境対策等が考えられます。
 そこで、本研究テーマでは、化学工学の素養を有し、循環型社会の構築に向けた新たな環境対策に関して、意欲的に研究開発に取り組む人材を募集します。採用後は、当面、火力発電所や当研究所の燃焼試験設備での計測・データ解析を通じて、火力発電所の環境対策に関する研究に一緒に取り組んでいただきます。また、並行して、循環型社会を構築するための新たな環境対策技術の研究開発に積極的にチャレンジしていただき、将来的には、環境対策に関する研究開発の中核を担う人材となることを期待しています。
当面の研究課題
火力発電所の環境対策に関する研究開発
研究専門分野/専攻学科
化学工学、反応工学、粉体工学など
学歴
修士または博士課程修了者(新卒のみ)
募集部門
エネルギー技術研究所
ENTRY