電力中央研究所 RECRUITING

OFFICIAL WEBSITE ENTRY

募集研究分野

求人一覧に戻る

正職員

放射性廃棄物処分の安全評価手法の開発

原子力技術研究所

研究内容/求める人材像
 原子力の利用にともない発生する放射性廃棄物の処分事業を順調に進めるためには、廃棄物を地下に埋設処分した後の長期将来にわたって、「廃棄物に含まれる放射性核種が地下環境中で如何に移行するか」「移行を抑制する処分施設の設計やバリア材料の性能は十分か」「生活圏における放射線影響は安全なレベルに抑えられているか」を技術的に明らかにして、社会に十分に分かりやすく伝える必要があります。
 このため、当研究所では、放射性廃棄物処分に内在する不確実性を評価する手法を研究しています。そこで、処分システムを構成するバリア(工学材料・地質環境)の性能評価モデル・核種移行評価モデル・線量評価モデルの信頼性向上、線量のリスク論的評価に基づいた放射線安全基準の論理構築、さらには安全基準への適合性の合理的な判断方法の具体化に関する研究に一緒に取り組む人材を求めます。放射性核種の挙動に興味を持ち、放射線防護の重要性を理解した上で、放射性廃棄物処分に係るリスクを、確率論的なアプローチを始めとして、発展的な考え方で数理学的に評価する技術開発に挑戦する気概を持つ方を募集します。
 なお、上記研究成果を放射線防護基準への適合性判断方法の合理化につなげるためには、IAEA・ICRP等の国際機関への発信や働きかけが重要であることから、将来的に国際的な活動を担える・担う意欲のある方を期待しています。
当面の研究課題
放射性廃棄物処分の安全評価手法の開発・高度化(核種移行モデル、バリア性能評価モデル、不確実性解析)
研究専門分野/専攻学科
線量評価、放射線防護、地圏環境化学、放射能環境動態、環境システム、原子力環境材料など
学歴
修士または博士課程修了者(新卒・既卒いずれも可)
募集部門
原子力技術研究所
ENTRY