電力中央研究所 RECRUITING

OFFICIAL WEBSITE ENTRY

募集研究分野

求人一覧に戻る

正職員

原子燃料サイクル技術の開発

原子力技術研究所

研究内容/求める人材像
 我が国のエネルギーセキュリティーや世界的な地球温暖化対策の観点からは、エネルギーベストミックスを考慮しつつ、今後もある程度の原子力発電を利用することが望まれています。原子力エネルギーは、ウラン燃料と合わせ、原子炉内で生成するプルトニウムを利用することにより、その資源量を大幅に拡大できる魅力を有しています。そのためには、使用済燃料を再処理することにより原子燃料として再利用できるウランやプルトニウムを回収し、残る放射性廃棄物は安定な廃棄体として地層深く埋設処分するという原子燃料サイクル技術の確立が不可欠です。
 我が国では、現行の軽水炉から発生する使用済燃料を処理するために、日本原燃(株)により六ヶ所再処理工場の建設が進められており、国の安全性適合審査を経て竣工の予定です。六ヶ所再処理工場の安全かつ安定した運転は、我が国の原子燃料サイクル構築にとって重要であり、当面は、新規制基準に対応するための試験等を行う必要がありますが、長期的には、さらなる安全性の向上や安定運転を目指した技術の開発を行うこととなります。
 六ヶ所再処理工場から得られるプルトニウムは、当面は軽水炉においてプルサーマル燃料として用いることとされていますが、原子燃料サイクルの確立には、高速増殖炉での利用が不可欠です。そのためには、高速炉燃料の再処理技術の開発が必要であり、当所では、これまでに乾式再処理を中心とした高速炉燃料サイクル技術の開発を行っています。
 原子燃料サイクル技術の将来を見据え、現行の六ヶ所再処理工場から高速炉サイクルの確立まで幅広い技術の開発に、長期的に貢献できる研究者を求めています。
当面の研究課題
・六ヶ所再処理工場の安全性向上および安定運転のための技術開発
・高速炉燃料サイクル技術の基盤研究
研究専門分野/専攻学科
再処理技術に係わる幅広い化学(化学工学、工業化学、応用化学、電気化学、材料化学、放射線化学など)
学歴
修士または博士課程修了者(新卒・既卒いずれも可)
募集部門
募集部門
原子力技術研究所
ENTRY