電力中央研究所 RECRUITING

OFFICIAL WEBSITE ENTRY

募集研究分野

求人一覧に戻る

正職員

顧客便益(快適性、生産性など)に配慮した温熱環境・エネルギー評価手法に関する研究

エネルギーイノベーション創発センター

研究内容/求める人材像
 当研究所では、職場や家庭などの職住環境において、『効率的なエネルギー利用(低炭素化)』と『快適性や生産性などの便益向上』の両立を目指した研究を行っています。具体的には、環境の実測や被験者実験により物理環境要素が人に与える影響を把握し、この知見を温熱環境シミュレーションに適用するなどして、エネルギー利用時の『建物・機器・人』の相互影響を理解し、効率的かつ高い便益を提供できる職住環境の創造に寄与したいと考えています。
 今後は、現在有する人の便益に関する評価技術や各種シミュレーション技術を発展させ、街区レベルの電力安定供給、人の便益向上、低炭素化の両立に向けた次世代需要デザイン研究に意欲的に取り組んでいく予定です。
 こうした研究を加速させるため、人の生理心理量の測定・評価技術等の便益評価に関する知見を有し、エネルギー・便益評価ツールの開発といったシミュレーション技術に携わっていただける、建築環境工学関連分野の知見をお持ちの研究者を募集します。
 人の測定・評価技術や、シミュレーション技術に強い関心や興味をお持ちの方、これら分野で経験を有する方の応募をお待ちしております。
当面の研究課題
省エネと快適性を両立できる建物の温熱環境・エネルギー評価手法の開発
顧客便益評価手法の開発
顧客便益に配慮した街区レベルの省エネ・需要デザイン提案手法の開発
研究専門分野/専攻学科
建築環境工学、機械伝熱工学など
学歴
修士または博士課程修了者(新卒・既卒いずれも可)
募集部門
エネルギーイノベーション創発センター
ENTRY