Recruit Infomation

電力中央研究所(電中研)は、1951年(昭和26年)電気事業の運営に必要な、電気を「つくる・おくる・つかう」技術の開発を通して産業や社会の発展に貢献するために設立された、電気事業共同の学術研究機関です。

電中研とは図

電中研の役割

私たちには、学術研究機関としての一面と電気事業の一員としての一面があります。 私たちは、学術研究機関の一員として、エネルギーと環境の調和を目指して競争力の高い研究を行っており、その成果は、研究所の公式ホームページや学会、各種ジャーナルなどで広く社会に発表されています。所属の研究者は国や自治体の規格・基準の策定などに関わることで、研究成果の効果的な表出にも努めています。
また、電気事業の一員としては、震災関連の喫緊の課題はもちろんのこと、火力発電所の運用・保守技術の高度化といった電気事業の『現場が抱える課題の解決』、再生可能エネルギーの導入拡大に対応する系統安定化技術の開発など、電力の安定供給を支える『技術の進化』も担っています。

電中研のフィールド

私たちの研究分野は、電力ネットワーク全体に広がっています。発電所周囲の水域、環境から災害リスク、通信、新たな電気の利用方法まで、広範な領域の専門家がそれぞれの知識を持ち寄り、分野を横断した研究開発を進めています。
電力ネットワークは、石油などの他のエネルギー源や通常の財(商品)のように生産・運搬・販売できる「モノ」とは異なり、社会全体に張り巡らされた巨大な設備ネットワークにおける電気物理現象を常に、精確に、効率的にコントロールすることで、初めて商品として成立するものです。
私たちは、電気事業共同の学術研究機関として、この日々の生活に不可欠かつ複雑な電力ネットワークを‘技術開発・研究開発で支える’という重要な使命を、これまでも、これからも、果たして参ります。