Recruit Infomation

特定有期雇用研究員 募集課題詳細

原子力技術研究所確率論的リスク評価のための人間信頼性評価手法の研究

エントリーはこちら
研究内容/
求める人材像
我が国では、福島第一原子力発電所事故の反省から、原子力事業者による継続的な自主的安全性向上の一環として確率論的リスク評価手法の整備・高度化が急務となっています。なかでも、福島第一事故の場合のように、複数のハザード(津波と地震)が重畳し複数のユニットが同時に影響をうけるような極めて過酷な状況でも適用できる人間信頼性評価手法の開発・整備が重要であり、当研究所ではこの分野の研究を早急に立ち上げる必要があると考えています。国際的には、すでに上のような状況に適用できる第二世代と言われる人間信頼性評価手法が提案されており、国際的研究プロジェクト(ハルデンプロジェクト)も進められています。本研究では、そのような国際プロジェクトへも参加し、具体的な安全性向上に寄与できるような評価手法の確立を目指します。
ついては、国内外の人間信頼性評価手法に関する基礎知識があり、積極的に研究を進める意欲のある方を求めます。できるならば、今後のこの分野が進むべき方向性に関してビジョンをお持ちの方を求めます。
当面の研究課題 新しい評価手法のための課題整理、国際プロジェクト
募集人員 1名
応募資格 人間信頼性評価分野の研究に携わっているまたは経験のある研究者。
応募窓口 原子力技術研究所
応募締め切り 随時受け付け、決定次第応募受け付けを終了します。

地球工学研究所放射性廃棄物処分におけるセメント系人工バリアの性能評価

エントリーはこちら
研究内容/
求める人材像
原子力発電によって発生した放射性廃棄物ならびに今後廃炉作業を進めるにあたって生じる放射性廃棄物を安全に処分することは、後世に負担を強いることのないよう、現世代に向けられた重要な課題となっています。当研究所では、喫緊の課題である低レベル放射性廃棄物の余裕深度処分(比較的放射能濃度の高い低レベル放射性廃棄物の処分)を対象に、処分施設や放射性核種の移行を抑制するため人工バリアとして使用されるセメント系材料(コンクリートやモルタル)の長期耐久性ならびにバリア性能についての研究を行っています。
本研究では、地下水との接触や廃棄物に含まれる放射性物質の崩壊熱が人工バリアの核種移行抑制性能に及ぼす影響を明らかにし、処分施設の長期にわたる安全性を評価することが重要な課題となっており、このような課題解決に向けて当所の研究をより発展させるため、セメント系バリアの性能評価に関連する実験的・数値解析的な知見・技術を有する人材を募集するものです。採用された方には、これらの研究をより深化させるとともに処分施設の設計・施工や安全に関する信頼性向上に役立て、実務に反映させることが期待されます。
当研究所は,このような研究の目的や社会的使命を理解し、熱意と好奇心を持ち、研究者仲間とのコミュニケーションを大切にして研究活動に取り組んで頂ける人材を求めます。また、放射性廃棄物処分に係わる諸課題は決して短期に解決し得るものではありません。中長期的に当該分野における研究の中核となって活躍していただける方を歓迎します。
当面の研究課題 セメント系材料の物理的・化学的・力学的性質の評価とバリア性能(放射性核種の拡散抵抗性および収着性など)との関連分析
募集人員 1名
応募資格 ・修士または博士課程修了者(新卒・既卒いずれも可)
・土木あるいは建築分野でコンクリートの研究経験を有すること
応募窓口 地球工学研究所 バックエンド研究センター
応募締め切り 随時受け付け、決定次第応募受け付けを終了します。

社会経済研究所電気事業における新サービスや省エネルギー支援策の開発・評価

エントリーはこちら

 

研究内容 2016年4月の電力小売全面自由化により、電気事業は新たな競争環境に突入し、スマートメータの増加も相まって、新たな料金メニューやサービスの登場も期待されています。温暖化問題の解決手段として注目されている省エネルギー対策についても、電気の効率利用の促進や、スマートメータデータ等を活用したアドバイスの高度化などが求められています。そこでは、単に電力を提供・販売するだけでなく、電力を利用することで新たな付加価値を生むことができるかが問われます。
そこで今回、経営学やマーケティングの知識や経験とともに、電気事業による新サービスや省エネルギー支援策の開発・評価に取り組むことのできる方を募集します。新商品・サービス開発やコンサルティングの実務経験がある方、もしくは、同様の知識を有している方であれば、行動科学や心理学、工学(建築学・都市工学・電気工学・機械工学など)、情報学(ビッグデータ活用など)を学術基盤としつつ研究遂行能力が特に秀でた方も候補とさせていただきます。加えて、新たな課題探索や実践に取り組むチャレンジ精神に富み、長期的・俯瞰的・学際的な視点で事象を理解できる素養を有していることを重視します。
当面の研究課題 電気事業による新サービスや省エネルギー支援策の開発・評価
募集人員 1名
応募資格 博士課程修了者(新卒、既卒いずれも可)またはそれと同等かそれ以上の能力を有する者。
勤務場所 社会経済研究所
応募窓口 社会経済研究所
応募締切 随時受け付け、決定次第応募受け付けを終了します

 

材料科学研究所非破壊検査

エントリーはこちら
研究内容/
求める人材像
近年、原子炉容器管台等の異種金属溶接部(ニッケル基合金溶接部)に応力腐食割れ(SCC)が見つかったことから、本溶接部のような超音波難探傷部位を対象とした技術開発が求められています。そのため、当研究所では配管内面からのSCC探傷技術の開発に取り組んできました。今後は、外面からのSCC探傷技術の開発に取り組む予定です。
上記の研究を遂行するため、溶接手法、溶接部の金属組織、超音波探傷技術に関する知識を有するとともに、検査制度についても知識を有し、意欲的に取り組むことのできる人材を募集します。採用予定者には、研究マネジメントまたは現場における非破壊検査の経験も期待しており、このような経験を有する方を希望します。
当面の研究課題 異種金属溶接部の探傷技術の開発
募集人員 1名
応募資格 非破壊検査分野の研究に5年以上携わっている研究者
応募窓口 材料科学研究所
応募締め切り 随時受け付け、決定次第応募受け付けを終了します。