スマートグリッドとは?

太陽光発電や風力発電などの、いわゆる再生可能エネルギーシステム(RES)に対する関心が急速に高まっています。確かに環境にやさしい自然エネルギーなのですが、意外と知られていないのが、RESによる電力が送電系統に大量に導入されると、天候に左右されるなどの固有の性質のため電力が不安定化する恐れがあることです。これらに対処し電力の安定供給を維持するためには、電力の供給設備、RESによる発電設備、需要側の設備に対し、情報通信技術を活用して協調的に制御・管理する仕組みが必要になってきます。これがスマートグリッド(Smart Grid)の目的の一つです。

電中研の取組み・日本版スマートグリッド

スマートグリッドという考え方自体、欧米で生まれたものです。これまで停電が少なく電力供給が安定している日本でも、再生可能エネルギーの導入や節電へのニーズが高まるにつれ、スマートグリッドの考え方が必要になってきました。そこで電中研は日本特有の実態を踏まえた日本版スマートグリッドの研究に着手。送電線に落雷などがあっても再生可能エネルギー発電も含め電力の安定供給が可能であり、しかも電力の送電側と需要側が連携し、相互に情報を送りあうことで一体となって、エネルギーの効率的利用を実現しようという送配電システム、その実現に向けた取り組みを本格化させたのです。

光ファイバを使ったシステム構築

そこで不可欠なのが情報通信技術(ICT)です。再生可能エネルギーを含む供給側と需要側を一体的に管理・制御するには高度なICTがなければならず、電中研でもその研究を進めています。その一つが、既存の光ファイバを使った新しい通信網の整備。複数の異なる方式の信号が送れるもので、メディア融合型光ファイバ通信方式と命名されました。いずれにしろ、再生可能エネルギーの高度利用が日本における重要な課題になりつつある今、そのインフラとして日本版スマートグリッドは早急に整備されなければなりません。

システム技術研究所

電気エネルギーの安定供給や安心・快適・効率的電気エネルギー利用を支えるシステム技術の開発を行います。大型電源や分散形電源に関わる電力流通システム、情報・通信システムの計画・運用・制御技術、また需要家サイドの技術開発に取り組んでいます。